注文住宅でこだわりの家を造る~オンリーマイハウスメイカー~

木造にこだわる

日本の気候風土には日本の木材が適しています

日本の家は昔から木造建築であるのが普通でしたが、最近では本物の「木の家」を作ろうと思うと、かなり高額の費用がかかってしまうようになっています。もちろん木以外の建築資材を用いたとしても、それなりに良い家を作ることはできます。ただし、自然の木が持つ暖かさや懐かしさまでを手に入れることはできません。しかし、木材を多用した家に住みたいと希望する人がたくさん存在しているため、様々なハウスメーカーが独自の「木の家」プランを提供しています。数ある「木の家」プランの中で特におすすめすることができるのは、四季工房が作っている「日本の木の家」です。日本の気候風土には、日本に生えている木が一番適しています。集成材や輸入材で木の家を作るメーカーがほとんどですが、四季工房は日本国内で生産された木材だけで家を作ってくれますので、快適な住環境を手に入れることができます。

四季工房の家は地球環境に優しい家です

地球温暖化現象は毎年確実に進んでいます。北極の氷がかなり溶けてしまっているのは有名な話ですが、急激な環境の変化は自然の生態系に多大な影響を与えます。このまま地球温暖化が進んでいくと、現在当たり前のように食べている海産物がそのうち食べられなくなってしまうかもしれません。また、多発している異常気象も気になってくるところです。ここ数年、日本国内でゲリラ豪雨や竜巻が頻発するようになってきました。これらの現象も地球温暖化に起因して発生しているものと考えられています。これ以上、地球環境を悪化させないようにするためには、各人が自分のできる範囲でCO2排出量の削減を行うようにすることがとても重要になってきます。そのような要請に対応することができるのが、四季工房が作っている木の家です。四季工房の家はエアパス工法が採用されているため、CO2排出量を最小限に抑えることができます。地球環境に優しい家を建てたいと希望している人は、四季工房に相談してみることをおすすめします。